会誌『同志社女子大学生活科学』

 生活科学会では、年一回会誌『同志社女子大学生活科学』を発行しています。
 購読を希望される方は生活科学会までお問い合わせください。バックナンバーもございます。
 なお本誌の内容は、44巻(2010年)より同志社女子大学学術リポジトリに掲載されています。

 また、会員の方はどなたでもこの会誌に投稿することができます。
 投稿要領、投稿規定、原稿の書き方は下記の通りです。
 投稿カードはこちらからダウンロードできます。

投稿要領

『同志社女子大学生活科学』への投稿について

 投稿原稿は、投稿規定と原稿の書き方に従って作成し、投稿カードと一緒に提出してください。
 投稿料は無料ですが、印刷ページが規定のページ数を超過した場合、超過分に対して、1ページ当たり3,000円の負担をお願いします。図のカラー印刷を希望する場合は実費を著者に負担して頂きます。
 図を鮮明に印刷するためには “掲載時の実寸で300 dpi以上” の解像度を有する画像データを必要とします。
 また、投稿に際しては下記要領にご注意ください。

  • 印刷物の提出は必要ありません。まずは、ワープロソフトウエアで作成された原稿データをPDF化し、そのPDFを査読用にご提出ください。掲載が決定した段階で、入稿用に元の原稿(ワープロ)データをご提出願います。
  • 投稿は原則、データを添付したメール送付でお願いしますが、USBメモリなどの媒体による郵送や持ち込みでも受け付けます。
  • 表および図には通し番号とキャプションを付してください。査読用原稿では、本文中または本文のあとに表および図を挿入し、一つのPDFファイルにまとめることが望ましいですが、使用するソフトウェアによってそれが難しい場合には、複数の(本文と各図表)ファイルに分けて提出することも可能とします。
  • 査読を円滑に行うために、原稿にはページ番号と行番号を付することが望ましい。
  • 投稿についてご不明の点がある場合は下記へお問い合わせください。

54巻投稿締め切り  2020年10月9日(金)【厳守】

提出先   同志社女子大学生活科学部事務室内 生活科学会事務局
      E-mail : hlgakkai@dwc.doshisha.ac.jp
      〒602-0893 京都市上京区今出川通寺町西入玄武町602
      TEL : 075-251-4211     FAX : 075-251-4289

投稿規定

  1. 目的
    同志社女子大学生活科学会は機関誌「同志社女子大学生活科学」(年1回発行)を、生活科学およびその関連科学に関する研究論文、その他この分野の学術の進歩に役立つ新しい知識、情報を提供する目的で刊行する。
  2. 投稿資格
    本誌への投稿者は本学会会員に限るが、編集委員会が会員外に寄稿を依頼することがある。共同研究の場合、本学会員以外の者が共同研究者として名を付すことができるが、必ず、本学会員が筆頭著者とならなければならない。なお、投稿料は無料とする。
  3. 原稿の区分
    本誌の内容は総説、原著論文、研究ノート、資料、文献紹介、学会ニュースなどに分類され、和文または英文とする。投稿時、投稿カードに各区分の明記を必要とする。
     ・総説とは、生活科学分野に関する多くの論文を基に一連の研究成果を要約し、論説したものである。
     ・原著論文とは、他に未発表で、完結した内容をもつものである。
     ・研究ノートとは、十分な成果を得るに至らないが、限定された部分の発見や、新たな実験方法などを含む速報的内容をもつものである。
     ・資料とは、調査、統計、実験などの結果の報告で研究の資料として役立つものである。
  4. 原稿の長さ
    投稿時、各区分の一編の長さは図表を含めて印刷頁を下記の通りとする。
    (原稿はA4用紙1枚を25字×22行とし、4枚で刷り上がり1頁とする。)
    総説は10頁以内、原著論文は8頁以内、研究ノートは4頁以内、資料は4頁以内とする。ただし印刷頁を超過した場合、超過分に対して実費を著者の負担とする。なお、超過の限度を規定枚数の3倍までとする。
  5. 掲載可否
    投稿原稿の採否は編集委員会で決定する。編集委員会は原稿中の字句の加除、訂正を著者に求めることがある。
  6. 別刷
    別刷50部を著者に贈呈する。それ以上の部数を希望する場合、実費を著者の負担とする。
  7. 上記以外の事項については編集委員会で決定する。
  8. 原稿の提出先
    論文執筆要項と投稿カードの請求先および投稿原稿の提出先は下記の通り。
      同志社女子大学生活科学部事務室内 生活科学会事務局
      E-mail : hlgakkai@dwc.doshisha.ac.jp
      〒602-0893 京都市上京区今出川通寺町西入玄武町602
      TEL : 075-251-4211     FAX : 075-251-4289

原稿の書き方

  1. 総説、原著論文、研究ノート、資料には、表題、著者名、所属および所在地を記載し、表題は内容を具体的に表し、かつ簡潔なものが望ましい。
  2. 原著論文、研究ノートの形式はそれぞれが所属する学会の機関誌に準ずる。原稿は原則として横書きとし、最初に要約(英文で150語程度、また英文原稿の場合は300字程度の和文要約)をつける。
  3. 論文の内容に関連の深いキーワード(日本語または英語)を5つ以内、要旨の後に列記する。
  4. 図および表には通し番号とキャプションを付する。図のカラー印刷を希望する場合は実費を著者の負担とする。
  5. 単位は原則として国際単位系(SI)を用い、記号で表示するのが望ましい。

掲載論文一覧

53巻(2019)
2020/02/20発行
村上敬衣子大塚 肇先生を偲んで
宮本 義信馬杉一重先生を偲んで
1-10諸井 克英
氏原 愛深
親準備性傾向が将来の虐待行為懸念におよぼす影響
ー女子大学生の場合ー
11-18齋藤 朱未
高橋 奈央
京都市山科区民の家庭ごみの実態と今後のごみ削減に
向けた対応への検討
19-29神田 知子
西川あや奈
富田 好美
荻野 裕子
丸山 智美
小切間美保
小学生のかつおだしと煮干しだしの風味に対する評価
ー食育取り組み年数が異なる2校の比較ー
30-35村上  恵
吹山 遙香
岩井 律子
酒井真奈未
吉良ひとみ
水の硬度が牛肉の煮込みに及ぼす影響
36-44仲佐 輝子
泉谷 祐希
板野 友香
塚本 万智
川上小百合
高田 智美
コレステロール添加食投与ラットの肝脂肪蓄積に及ぼす
焙煎度の異なるコーヒー豆抽出物の影響
45-48宮田 早絵
奥田 紫乃
照明光色が内装材の色の見えの自然さ及び質感評価に
与える影響
49-54諸井 克英エンターテインメントとしてのプロレス興行の興亡
ープロレス・リアル[4]ー
55-66森田 潤司数のつく食べ物(3)名前に数字の三がつく食べ物
(その1)
67-78森田 潤司数のつく食べ物(3)名前に数字の三がつく食べ物
(その2)
79-93森田 潤司数のつく食べ物(3)名前に数字の三がつく食べ物
(その3)
94-104森田 潤司数のつく食べ物(4)名前に数字の四がつく食べ物
105-117天野 太郎第53回生活科学会大会講演
学生を媒介したフィールド・ワークの実践と地域連携型
教育の意義ー富良野地域および東日本震災地域での事例ー
52巻(2018)
2019/02/20発行
小﨑  眞宮澤正典先生を偲んで
1-11麻生 美希リビングヘリテージとしての生活景の保全に関する研究
ー岐阜県白川村荻町を対象としてー
12-20諸井 克英
板垣 美穂
コミック読書経験の基底にある性格特性
21-30川﨑 祐子
浅井由利子
藤本 純子
家庭科教育と大学の実験・実習科目との関連性
ー過去5年間の家庭科教職課程履修者に対するアンケート
結果からー
31-38齋藤 朱未
中井 悠加
南丹市美山地区におけるエコツーリズムの現状と課題
39-44戸田賀志子
石田原 弘
色とデザインの視覚効果から読み取るタータン式の
開発と提案
45-60森田 潤司数のつく食べ物(1)名前に数字の一がつく食べ物
61-70森田 潤司数のつく食べ物(2)名前に数字の二がつく食べ物
71-80芹澤  出第52回生活科学会大会講演
DVのなかにいる母親と子どもたち
ー暴力の影響ーわたしはどうなるの?ー
51巻(2017)
2018/02/20発行
川﨑 祐子深田尚彦先生を偲んで
1-16古性摩里乃
諸井 克英
動物園の社会心理学(2)
ー動物園で飼育されている動物に対する性格特性推測ー
17-25古性摩里乃
諸井 克英
天野 太郎
地域社会における「姉妹都市」提携の機能と直面する
課題(3)
ーAdelaide市と姫路市との「姉妹都市」提携事業として
姫路市立動物園に寄贈されたウォンバットの事例ー
26-34古性摩里乃
諸井 克英
わが国における地方動物園の現状
ーいくつかの地方動物園に関する考察ー
35-44平光 睦子明治中期京都における図案会の活動
45-51村上  恵
南埜  幸
宮崎 智子
鈴木久美子
加藤 杏奈
溝口 静菜
篤田 知佳
アスパラガス水抽出液の血栓溶解作用
52-54川西  華
奥田 紫乃
照明の照射方向が表情の見えや顔の印象に及ぼす影響
55-63稲田 雅美第51回生活科学会大会講演
音とともに人に寄り添う
ー音楽療法の世界ー
50巻(2016)
2017/02/20発行
岩谷 幸春紀 嘉子先生を偲んで
1-12古性摩里乃
諸井 克英
動物園の社会心理学(1)
ー動物園におけるブランド絆感の構築を目指してー
13-18古性摩里乃
諸井 克英
天野 太郎
地域社会における「姉妹都市」提携の機能と直面する
課題(1)
ー「姉妹都市」提携の歴史と広がりー
19-23古性摩里乃
諸井 克英
天野 太郎
地域社会における「姉妹都市」提携の機能と直面する
課題(2)
ー小田原市の事例ー
24-32湯之上 葵
諸井 克英
女子大学生における居場所感覚の基底にある心理学的
機制の探索(Ⅱ)
ー大学入学初期の過剰適応傾向の影響ー
33-43宮本 義信台湾の外国人介護労働者の今日的動向
ー介護保険制度化をめぐる状況を中心にー
44-49川﨑 祐子
藤田 真由
平川 朋代
坂尾佳菜子
三島 晴奈
栽培方法、抽出条件の異なる緑茶抽出液による in vitro
でのビフィズス菌の増殖への影響
50-55古性摩里乃
諸井 克英
人間による動物のいのちに対する介入をめぐる諸問題
ーいのちに関する一考察ー
56-60諸井 克英今はまだ人生を語らず
ー《吉田拓郎》が描く「生」の継続ー
61-64石川  愛
奥田 紫乃
照明の違いが髪色の見えと印象に与える影響
65-68山中 綾子
奥田 紫乃
なら燈花会の魅力
ー人と人を繋ぐあかりー
69-97森田 潤司特別寄稿
生活科学部20周年・生活科学会第50回記念大会によせて
ー家政学部から生活科学部へー
98-108ジェフ・
バーグランド
第50回生活科学会大会講演
You are what you eat.
ー京都で育む受信力ー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。