会誌『同志社女子大学生活科学』

 生活科学会では、年一回会誌『同志社女子大学生活科学』を発行しています。
 購読を希望される方は生活科学会までお問い合わせください。バックナンバーもございます。
 なお本誌の内容は、44巻(2010年)より同志社女子大学学術リポジトリに掲載されています。

 また、会員の方はどなたでもこの会誌に投稿することができます。
 投稿要領、投稿規定、原稿の書き方は下記の通りです。
 投稿カードはこちらからダウンロードできます。

投稿要領

『同志社女子大学生活科学』への投稿について

 投稿原稿は、投稿規定と原稿の書き方に従って作成し、投稿カードと一緒に提出してください。
 投稿料は無料ですが、印刷ページが規定のページ数を超過した場合、超過分に対して、1ページ当たり3,000円の負担をお願いします。図のカラー印刷を希望する場合は実費を著者に負担して頂きます。
 図を鮮明に印刷するためには “掲載時の実寸で300 dpi以上” の解像度を有する画像データを必要とします。
 また、投稿に際しては下記要領にご注意ください。

  • 印刷物の提出は必要ありません。まずは、ワープロソフトウエアで作成された原稿データをPDF化し、そのPDFを査読用にご提出ください。掲載が決定した段階で、入稿用に元の原稿(ワープロ)データをご提出願います。
  • 投稿は原則、データを添付したメール送付でお願いしますが、USBメモリなどの媒体による郵送や持ち込みでも受け付けます。
  • 表および図には通し番号とキャプションを付してください。査読用原稿では、本文中または本文のあとに表および図を挿入し、一つのPDFファイルにまとめることが望ましいですが、使用するソフトウェアによってそれが難しい場合には、複数の(本文と各図表)ファイルに分けて提出することも可能とします。
  • 査読を円滑に行うために、原稿にはページ番号と行番号を付することが望ましい。
  • 投稿についてご不明の点がある場合は下記へお問い合わせください。

54巻投稿締め切り  2020年10月9日(金)【厳守】

提出先   同志社女子大学生活科学部事務室内 生活科学会事務局
      E-mail : hlgakkai@dwc.doshisha.ac.jp
      〒602-0893 京都市上京区今出川通寺町西入玄武町602
      TEL : 075-251-4211     FAX : 075-251-4289

投稿規定

  1. 目的
    同志社女子大学生活科学会は機関誌「同志社女子大学生活科学」(年1回発行)を、生活科学およびその関連科学に関する研究論文、その他この分野の学術の進歩に役立つ新しい知識、情報を提供する目的で刊行する。
  2. 投稿資格
    本誌への投稿者は本学会会員に限るが、編集委員会が会員外に寄稿を依頼することがある。共同研究の場合、本学会員以外の者が共同研究者として名を付すことができるが、必ず、本学会員が筆頭著者とならなければならない。なお、投稿料は無料とする。
  3. 原稿の区分
    本誌の内容は総説、原著論文、研究ノート、資料、文献紹介、学会ニュースなどに分類され、和文または英文とする。投稿時、投稿カードに各区分の明記を必要とする。
     ・総説とは、生活科学分野に関する多くの論文を基に一連の研究成果を要約し、論説したものである。
     ・原著論文とは、他に未発表で、完結した内容をもつものである。
     ・研究ノートとは、十分な成果を得るに至らないが、限定された部分の発見や、新たな実験方法などを含む速報的内容をもつものである。
     ・資料とは、調査、統計、実験などの結果の報告で研究の資料として役立つものである。
  4. 原稿の長さ
    投稿時、各区分の一編の長さは図表を含めて印刷頁を下記の通りとする。
    (原稿はA4用紙1枚を25字×22行とし、4枚で刷り上がり1頁とする。)
    総説は10頁以内、原著論文は8頁以内、研究ノートは4頁以内、資料は4頁以内とする。ただし印刷頁を超過した場合、超過分に対して実費を著者の負担とする。なお、超過の限度を規定枚数の3倍までとする。
  5. 掲載可否
    投稿原稿の採否は編集委員会で決定する。編集委員会は原稿中の字句の加除、訂正を著者に求めることがある。
  6. 別刷
    別刷50部を著者に贈呈する。それ以上の部数を希望する場合、実費を著者の負担とする。
  7. 上記以外の事項については編集委員会で決定する。
  8. 原稿の提出先
    論文執筆要項と投稿カードの請求先および投稿原稿の提出先は下記の通り。
      同志社女子大学生活科学部事務室内 生活科学会事務局
      E-mail : hlgakkai@dwc.doshisha.ac.jp
      〒602-0893 京都市上京区今出川通寺町西入玄武町602
      TEL : 075-251-4211     FAX : 075-251-4289

原稿の書き方

  1. 総説、原著論文、研究ノート、資料には、表題、著者名、所属および所在地を記載し、表題は内容を具体的に表し、かつ簡潔なものが望ましい。
  2. 原著論文、研究ノートの形式はそれぞれが所属する学会の機関誌に準ずる。原稿は原則として横書きとし、最初に要約(英文で150語程度、また英文原稿の場合は300字程度の和文要約)をつける。
  3. 論文の内容に関連の深いキーワード(日本語または英語)を5つ以内、要旨の後に列記する。
  4. 図および表には通し番号とキャプションを付する。図のカラー印刷を希望する場合は実費を著者の負担とする。
  5. 単位は原則として国際単位系(SI)を用い、記号で表示するのが望ましい。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。